• HOME
  • 商品のご紹介

天経香

天経香イメージ

お線香を焚くのは身を清める意味と功徳を積む意味があるとされていますが、経文の入ったお線香を焚くことでより高い功徳を積めるものと私どもは考えております。
仏様に、またご先祖様や大切な人に経文の印されたお線香をたむけるのは深い信仰と追悼の気持ちの証。
毎日の礼拝に、ご命日や特別な日の礼拝に。いつもより少し凛としてお線香を手向けてみませんか?
「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」「南無釈迦牟尼佛」
「般若心経」「南無大師遍照金剛」「先祖代々供養」


戒名(法名)などを印した名入れお線香も承りいたします。

定番商品以外にも「○○家 先祖代々供養」や戒名(法名)入りのお線香などの特注商品も承っております。
戒名入りは先様への法事などのお供えとしてたいへんお喜びいただいている、お客様だけの特別なお線香でございます。

特注商品について詳しくはこちら

思いを込めておつくりしております

天経香製造イメージ

お線香の名産地として名高い淡路島の香司に天経香のためだけに調合を依頼し、専用の窯で丹精込めて焼き上げた高級角型線香です。
高貴な色と香が大切な方への思いを募らせます。


天経香に込めた思い

三恵堂 代表 吉川和男

昔では考えられなかったような痛ましい事件が連日のように報じられ、親やご先祖様を大切にする気持ちさえも薄らいだように感じられる昨今の世相。
そんな殺伐とした世の中だからこそ「神様や仏様を信じる」ことをもう一度思い出しませんか。特別な信仰心がなくともご先祖のご仏前にお線香を一本焚くことから、気持ちは安らぎ、感謝の気持ちが生まれるはず。 私は長年にわたって祇園祭の神事に携わってきたその職責と、祈るような想いからこの天経香を発案いたしました。
わずか2ミリのお線香に細かな字で経文を印すには鮮やかな発色をする無毒無臭の染料の開発と、高い技術力が不可欠でした〈製法特許出願中〉。経文を刻むお線香の開発にも一から取り組みました。淡路島の香司が弊社の想いに共感してくださり、文字が刻まれても本来の香りや風合いを失わない格調高いお線香を半年間かけて仕上げていただきました。誰もが幸せになってほしいという私どもの想いが技術の壁を越えて生まれた天経香です。